任意整理の料金が安い法律事務所3選!7社も徹底比較。

任意整理の料金が安い法律事務所3選!7社も徹底比較。

シェアする

債務整理とは?

消費者金融や銀行、クレジットカード会社からのキャッシング・カードローン、闇金からの借り入れ等がある方が弁護士や司法書士を通じて債務者と交渉を行い、減額したり返済期間を変更するなどして着実に返済できるような道筋をつけるのが「任意整理」、裁判所に破産申告を行う「自己破産」や「個人再生」をまとめて債務整理といいます。貸金業法の改正、過払い金に関する最高裁の決定を受けて出資法と貸金業法との間のグレーゾーン金利で借り入れがあった場合は、再計算して過払い金として返還請求するところも債務整理の業務の一部として行われています。

債務整理の費用を安く抑えるためのチェックポイント

全国で多くの事務所はだいたい同じような料金体系をとっていますが、同じ債務整理の内容であっても料金が大きく異なることがあります。

下記の3つのポイントをチェックしながら、事務所を選ぶと料金を低く抑えることができます。

着手金など初期費用がかかるかどうか
債権者(お金の借り先)の数で費用が異なる
減額報酬、成功報酬の割合をチェックする

全国の法律事務所・司法書士事務所 比較表

債務整理事務所一覧

全国の主要な弁護士・司法書士の法律・法務事務所の料金比較

事務所 料金 特徴
着手金 基本報酬 減額報酬 過払い
報酬
自己破産 個人再生 分割払い 全国対応 休日対応
アヴァンス法務事務所 無料 1社50,000円~ 無料 20% 250,000円 280,000円~ 年中無休
杉山事務所 無料 50,000円~ 要確認 20% 250,000円 300,000円~
一部地域除く
年中無休
はたの法務事務所 無料 1社20,000円~ 10.0% 12.8% 250,000円 要確認 年中無休
アディーレ法律事務所 1社40,000円~ 要確認 10.0% 20% 291,600円~ 410,400円~ 年中無休

相談料は、どこも無料です。

任意整理の料金が安い法律事務所3選!

第1位 アヴァンス法務事務所

事務所の強み
 費用が安い・リーズナブルな料金設定、支払管理(代理弁済)に対応
  債権者数が多ければ多いほど安くなる
対応エリア
全国
おすすめできる方
任意整理にかかる費用が高いと感じておられる方
支払い報酬額を安く抑えたい方
借り入れ先の債権者数が多い方
返済の手間が面倒な方
料金・費用(事務所への支払い報酬額など)
任意整理
着手金: 無料
基本報酬: 139,000円~
自己破産費用: 250,000円~
※別途、管財費などが必要
事務所種別
司法書士
【お申し込みはこちらから】
アヴァンス法務事務所

第2位 はたの法務事務所

事務所の強み
35年の司法書士実績、過払い金返還請求の交渉力が高い
 債務整理専門の事務所です
おすすめできる方
払い終えるまで最後までサポートして欲しい方
相談実績、債務整理の専門事務所に相談したい方
過払い金を多く取り戻したい方
24時間対応で、女性専用窓口あり
対応エリア
全国  ※出張無料
料金・費用(事務所への支払い報酬額など)
任意整理
着手金: 無料
基本報酬: 20,000円~(債権者1件あたり)+減額報酬10%(減額できた金額に掛かります)
自己破産費用: 250,000円~
※別途、管財費などが必要
事務所種別
司法書士
【お申し込みはこちらから】
はたの法務事務所

第3位 杉山事務所

事務所の強み
 過払い金返還に強い
 月3000件以上の相談実績
対応エリア
全国
おすすめできる方
払い過ぎた過払い金が多い方、全額取り戻したい方
支払いを終えた方で以前高金利で借入していた方
料金・費用(事務所への支払い報酬額など)
任意整理
着手金: 1社につき21,000円~
基本報酬: 減額した金額に対して10.5%~ もしくは31,500円のいずれか高い額となる
自己破産費用: 250,000円~ ※別途、管財費など必要
事務所種別
司法書士
【お申し込みはこちらから】
杉山事務所

任意整理を安くする。事務所の選び方

費用負担が軽くて、リーズナブルな料金体系をとっている事務所であれば金銭的負担も返済を含めて楽になります。

事務所を選ぶポイントとしては、相談料、着手金、成功報酬、過払い金減額報酬などの費用を確認し、料金体系が明確な事務所を選ぶべきでしょう。

確認すべきポイント

初期の相談料金

最初の問い合わせにかかる料金についてです。現在多くの事務所は相談料は無料となっているところが多いです。

着手金

債務整理をスタートするという段階でかかる費用です。着手金がどれだけかかるか確認しましょう。多くの事務所は債権者数1件について数万円といったような料金体系が多いです。しかし、最近では、無料としている事務所も多く見られます。

成功報酬

減額成功について支払う費用です。費用が固定化されている事務所もあったり、債権者数1件についてかかるところもあります。

過払い金減額報酬

過払い金請求で返還された金額に対して、数十%の報酬を設定しているところが多いです。

事務手数料、口座管理費など

事務手数料の追加料金が必要だったり、支払い口座の管理費用などで別途必要になったりします。

シェアする

フォローする