葬儀費用を劇的に安くするための、葬式一括資料請求サイト5選!

葬儀費用を劇的に安くするための、葬式一括資料請求サイト5選!

シェアする

葬儀費用を安くするための必須知識

葬式に出席したことはあるけど、どれくらい葬式費用がかかるのか分からない」という方は意外と多いのではないでしょうか?

今回は、その葬儀費用について「葬儀にはどんなものが必要?」「どれくらいかかる?をご紹介します。

葬儀社の方に言われるがままにお願いしたら、思ったより高額な料金を後から請求された」という方もいますので、いざという時のためにご参照ください。

大まかに分けて葬儀には、3つの費用がかかります。

一般的に葬儀費用と呼ばれるものは、下記の3つの合計金額です。

  • 葬儀一式費用
  • 寺院費用
  • 飲食接待費用

【葬儀一式費用】

祭壇・棺・位牌・人件費・遺影写真・寝台車・霊柩車など、葬儀を行うにあたっての基本となる費用です。

葬儀社では、「**セットプラン」として案内されます。

お手頃なプランの中には司会進行や、運営管理のスタッフの方が含まれていないものもあります。

葬儀社の方がどこまでやってくれるか確認をしておかないと、追加で予想外に費用がかかってしまったというケースもよくあります。

プランには何が含まれているか?と、追加でどのような費用がかかる可能性があるのか?

をあらかじめきちんと確認しておきましょう。

【飲食接待費】

参列して頂いた方やお手伝いの方への通夜、葬儀後の飲食代、頂いた香典に対するお返し代(香典返し)などです。

飲食代は、単価×数量(人数)になるので、お越しになった方の人数によって変動します。

基本セットの中に含まれている場合もありますが、別費用となっていることもあります。

また、飲み物代などは飲み物を開けた本数で精算するので、変動しやすいものです。

【寺院費用】

おもに僧侶の方への謝礼です。

葬儀後にまとめてお渡しするお布施や、御膳料、お越し頂いた際にお渡しするお車代などです。

お布施は、お礼なので、明確に金額が定まっていません。また、お寺や僧侶、戒名の種類によっても大きく異なります。最も一般的な戒名で約20~30万円かかります。

葬儀費用の全国平均は195万円

▼ 葬儀費用の合計

全体の平均 195万円
各地区の平均金額(万円)
北海道 東北 関東A 関東B 中部A 中部B 近畿 中国 四国 九州
154 202 238 186 227 245 189 163 156 166

※2017年度 日本消費者協会が実施したアンケートより抜粋

日本消費者協会によると、葬儀全体にかかる費用全体の全国平均は195万円と言われています。

葬儀費用をさらに安くできる3つの方法

1. 葬祭費の補助・扶助制度を利用する

国民健康保険加入者の方であれば、亡くなられてから2年以内に申請することで、1万円~5万円の葬祭費が支給されます。また、社会保険加入者の方は、5万円の埋葬料を受け取ることができます。支給される金額や手続きに関しては、各自治体や保険事務所により異なりますので、葬儀後に問い合わせてみましょう。

生活保護を受給されている方

生活保護を受けられていて、葬儀費用の支払いが困難という方であれば、葬祭扶助制度(そうさいふじょせいど)により、自己負担0円で葬儀を行うことができます。 ただし、葬儀の前に手続きが必要となります。

2. 葬儀の保険やサービスを利用する

葬儀に特化した保険サービスがあります。ただし、保険の申込みから保険期間が開始されるまでに数か月かかる場合があり、ご心配な方がいる状況であればあまり向いていません。

葬儀保険に加入していない方にぜひ知っていただきたいのは、「小さなお葬式の早割」サービスです。無料申込で、申込確定日の30日後から葬儀費用の割引が適用される、安心のサービスです。どなたでもご利用いただけます。

3. 寺院手配サービスを利用する

現在お世話になっているお寺(菩提寺)がないのであれば、葬儀でお勤めいただくご僧侶の手配サービスを利用することで、費用を抑えられます。

「小さなお葬式」の寺院手配サービスは、全国一律定額のお布施でご僧侶をお手配いたします。一般的な規模の葬儀で2日間にわたってお勤めいただいても、お布施は16万円です。ご依頼いただいても、寺院の檀家になる必要はありません。お付き合いのあるお寺がないのであれば、ぜひご検討ください。

差し迫っている葬儀の費用を下げるなら、一括見積がおすすめ!

急な不幸で葬式を執り行う必要に迫られたとき、落ち着いて判断を下すのは難しいことです。

そのため業者の言い値で契約してしまいがちです。

また、業者に言われるままに必要の内オプションサービスまでつけてしまうこともあります。

これらを防止するには、複数の業者から一括見積を取って業者同士を競わせて、法外な値段にならないことが大事です。

事前準備は、互助会への資料請求がおすすめ

互助会に加入すると下記のメリットがあります。

  • 月々1500円から冠婚葬祭用資金を積み立て
  • 非加入者が支払う葬儀費用に比べて、互助会加入者の葬儀費用は30%~50%程度割引される

一般的な葬式の準備を、長期で行いたい方に互助会はおすすめです。

互助会の特徴、メリット・デメリット

互助会とは、多額の費用が必要な冠婚葬祭のために、本人に変わり掛け金して積み立てを行なうサービスで、地域に関係なく勧誘員が営業して顧客獲得をおこなっている団体のことです。

会員に入ると、毎月掛け金を納め、葬儀の際に必要な費用を積み立てる仕組みで、満期以前に利用する場合も、差額を支払えば会員特典が利用できます。月数千円から積み立てることができるので、お手軽に葬式費用を貯めることが出来ます。

メリット
サービスの行き届いたお葬式が期待できたり、生前中も会員向けのツアーやイベントが目白押し。その他にも他の会員と親しくなる機会が多いので、定年後の時間を、有意義に使いたい方に人気があります。

デメリット
互助会で積み立てた金額の多くは葬儀一式費用に充てられることが多く、飲食代や寺院へ支払うお布施などは別に用意しなければいけません。

積立金以外にも100万円も多く支払ったという例もあるので、互助会に入会するときは契約条件をしっかりと確認しましょう。

インターネットで資料請求できる葬式おすすめランキング!

1位 小さなお葬式

全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】 年々勢いを増しているのが「小さなお葬式」です。

累計10万件以上の葬儀の実績に、最近一年間の資料請求も10万件を超えている「定額・低価格の葬式」です。

規模は全国最大級です。

「小さな家族葬」の総額 : 448,000円(税込)

資料請求した資料は丁寧に書かれていて、提携している葬儀会場も全国で3,000カ所以上で一番多いです。

「早割」という、さらに葬儀の金額が安くなるサービスもあります。

資料請求するともらえる「エンディングノート」は役に立ちす。

口コミは、とても満足がとても多いです。

立派な会場で安い葬儀をしたい方は、是非資料請求をしてみましょう。

【無料資料請求はこちらから】
小さなお葬式

2位 シンプルなお葬式

シンプルなお葬式も非常に有名で、全国対応の定額葬儀を有名にしました。

NHKなど多くのメディアで紹介されたことで、知名度抜群です。

資料がとても充実していて、葬式のことを詳しく知りたい方は、本屋さんで本を買うよりわかりやすいと思います。

コールセンターは、365日・24時間対応で、詳しい内容のエンディングノートが資料に同封されています。

【無料資料請求はこちらから】
全国対応のシンプルなお葬式 16.3万円〜

3位 葬儀レビ


全国400社以上の中から近所の最大5社の葬儀会社の資料と見積が届きます。

資料請求フォームの入力はとても、簡単で3分で完了します。

一社一社に資料請求するのはとても大変で手間ですが、【葬儀レビ】全国資料一括請求であれば、あっという間に一括資料請求が完了します。

【無料資料請求はこちらから】
葬儀レビ

4位 いい葬儀

創業33年の豊富な経験年数で、東証一部上場企業の「鎌倉新書」が運営しています。

こちらは、緊急の場合におすすめのサービスです。

急に大切な人が亡くなってしまって、どうしよう?という時に、、365日・24時間、経験豊富なオペレーターが対応してくれ、電話をかけた人の要望に合った葬儀会社をいっしょに探してくれます。また、生前の資料請求もできます。

【無料資料請求はこちらから】
いい葬儀

5位 イオンのお葬式

イオンのお葬式の特徴は、イオン自体がお葬式の施行をしてくれる訳ではないこと、葬儀場も提携葬儀社の式場などを利用して行われます。お葬式の内容をある程度のものをセットにして基本となるプランを提供しています。これらの各種プランを元にして、お客様ごとに異なる条件(人数・場所)などを調整することで、正確な葬儀費用が算出されす。

しかし、イオンのお葬式で利用が多いとされている「家族葬プラン」は「50名前後の参列者をお招きするお葬式に最適」とあるのですが、プランには返礼品や飲食費用が含まれていないので、プラン金額以外にも追加費用が必要になります。また、火葬料金や式場料金も一部の金額しか含まれていないので、総額費用は見えている金額とは大分違ったものになります。イオンだから低価格と判断するのは早合点!このような面がありますのでイオンの利用を検討する時には、必ず事前に提携葬儀社を紹介してもらい人数・場所(火葬場)・宗教などの詳細を詰めて、すべての総額を確認してから最終判断を行うことをおすすめします。

【無料資料請求はこちらから】
イオンのお葬式

シェアする

フォローする